フォローする

プロフィール

株式会社アールジェイビー代表取締役

1978年5月9日 兵庫県生まれ
自宅のテーブル一台から始めたネイルサロンは、スタッフ最大14名、年商最高100倍に成長。起業から18年間、黒字経営を続ける実績と思考整理カードによる「経営思考コンサルティング」では、「3ヵ月後のあり方を迷わせない的確なアドバイス」と評判を呼び、多くの経営者が相談へ。プライベートでは、やんちゃ盛りの男の子3人のママとして、経営と家庭の両立を実践中。

堀田陽子写真

堀田陽子ストーリー

堀田陽子、成功経営者への道

やんちゃだった小学生の頃から、反抗期真っ只中の中学時代、少々荒れた高校時代。困らせてばかりだった私に、両親が勧めたのはドイツ滞在。言葉もわからずお酒も飲めない中、ワイン販売の仕事ではあっという間に売上ナンバーワン! その背景にあったのは「お客様を想い、ただ一生懸命に思いを伝える」という、現在のビジネススタイルの原点でした。
帰国後、アルバイト先の居酒屋で、初めて人のやさしさを感じたことで、私の中に変化が生まれました。「やりたいことをさせてあげる」という母の言葉でネイリストをめざすことに。この仕事との出会いが、その後の人生を大きく変えることになったのです。

金髪に白メッシュの荒れてた20歳が、ネイルスクールでどんどん激変を遂げることになります。自爪が真っ赤になるほど練習を重ね、講師たちにあきれられるほどネイルアートの世界へのめりこんでゆきました。一歩の勇気が人生を変えることを、身を持って体験したのです。
当時、両親と約束したサロンオープンの条件は、1級合格。頑張りました。やるしかなかったんです。金髪に白メッシュの私を雇い入れてくれるサロンなんて、ありませんでしたから。20歳の秋、1級試験に合格! ここから私のビジネスストーリーが始まりました。

開業資金は、お年玉などをコツコツ貯めていた50万円。これが0円になった時は店を閉めよう。そう決めてのオープンでした。初めてのサロンは、カーペット敷きの6畳部屋。しかもベッドあり。カーテンとベッドカバーとテーブルが唯一のインテリア。当時の私の身の丈にあった、精一杯のサロンでした。
知識もない。お金があるわけでもない。何から手をつけていいのかもわからない。コンビニでチラシを200枚コピーして、ポスティングからスタート!
「明日は電話が鳴りまくるから早起きだ‼」
結果は……ただの1件も、間違い電話すら鳴ることはありませんでした。
やはり、ビジネスは人と人のつながり。声をかけ続けた結果、アルバイト先の居酒屋のママの友達4人、売上4万円からの出発。この経験が、私らしい経営スタイルづくりのきっかけになりました。

ネイルも子供がいても学べます

その後、お一人お一人を大切にしながらコツコツ続けたおかげで、口コミのネットワークでどんどん広がってゆきました。
おかげでお客様は増え続ける中、迎えた3年後の2001年。あの方のおかげでネイルアートが認知されることになります。そう、浜崎あゆみ様!一気にネイルアートをしたい方が増えました。手帳に書ききれないほどの予約です。
こうして「ママになってもできる家庭と経営の両立人生」に向かって、私はスタートを切ったのでした。

お客様と写真

頑張りすぎない経営スタイル

素直に流されながら、私の流れ=「私流」経営スタイルをつくってきました。
仕事を頑張りすぎたら、家庭や恋愛がおろそかに……。お金がいっぱいできても、体が健康じゃなきゃ……。バランスをとりながら、私は経営を続けています。
単身赴任中の主人に代わり、父親役もこなしながら男の子3人を子育て中。あくまでも家庭優先。決して欲張りません。私の経営モットーは「一生懸命やりすぎない」ことです。

スタッフを育て、活かし、頼る成功経営

ふとしたときに不安なったり、孤独を感じたり。でも手を差し出せばそこには、必ず助けてくれる人がいます。手を伸ばすことを忘れてはいけません。経営者によく見かけるのが、「自分でこなした方が早い」「自分のほうができる」という理由で、スタッフを頼らず全部自分で抱えてしまう人です。
私も経験があります。技術には自信がありましたし、努力も半端なくしてきました。だからスタッフよりできると思っていたんです。でもそれは、ただの傲慢でしかありませんでした。

長男と次男の間に授かった赤ちゃん。ところが、妊娠がわかったのとほぼ同時に、昔からの膝痛が再発し痛くて立つこともできなくなったのです。激痛でも、赤ちゃんのために痛め止めは飲めません。赤ちゃんを守るのか、膝を守るのか――。
その時、初めてスタッフに甘えることができたのです。私に代わって、スクール生への指導を引き受けてもらいました。ようやくその時から、私がいなくても成り立つ経営の土台作りに、本格的に取組むことができたのでした。
赤ちゃんは残念ながら天国にいってしまいましたが、人材育成についての基礎を、命をもって私に教えてくれたのかもしれないと思っています。

あれから10年。おかげさまで、今の私はオーナー業が中心です。スタッフ育成カリキュラムが成り立っています。あのとき「助けて」と言えていなければ、今の私はありません。
「弱いやつ、できないやつ」と思われたくない――。そんな男性がいらっしゃいますが、それはスタッフを信じてあげられていない証拠です。本当の強さがないと、人に任せることはできません。その自信は、自己満足にしかすぎないこと。スタッフそれぞれの良さを、最大限に発揮させてあげることが経営者だということ。どうぞ気づいて下さいね。

ご相談

私流の頑張りすぎない経営スタイルと、スタッフを上手に活かす人材育成術で、黒字経営18年! 3人の子育てと経営を両立! 年商最高100倍達成! ダメな私を一人前の経営者に育ててくれたいろいろな経験を、これからは人のために役立てたい。そう感じるようになった時、新たな道が開けたのでした。

経営思考コンサルタント誕生!

感動したり、笑ったり、泣いたり、語り合ったり……。仲間って最高だなと思います。
ネイリストの世界だけで生きてきた私は、他の世界を知ろうともしませんでした。でも世界を変えると、本当に広い輪の中にいる自分と、無限の可能性を感じることができました。その時でした。「私が学んだことを、ネイルサロン経営や人材育成をしたい人、人生を変えたい人に伝えなきゃ」と思ったのは――。救いを求めている人の人生が激変するくらい、人助けをしてゆこうと。
どうしたらビジネスが成功するのか、あなたの人生が良くなるのか。その答えを目の前に差し出す「経営思考コンサルティング」。18年にわたる経営者としての様々な経験と思考整理カードで、経営成功への道をアドバイスします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする